10 7月

山本優子『美季とアップルパイ』(りぼん、1973年~1974年、りぼんマスコットコミックス版全2巻)

Pocket

rmc_60_61_cover_s
rmc_60_61_spine_s
  


美季とアップルパイ 前編
(RMC-60)

  • rmc_60_cover_s
  • rmc_60_spine_s
  • rmc_60_bcover_s



  

  • rmc_60_flap_02_s
  • rmc_60_flap_01_s



  

初版 1974年7月10日

収録作品初出:

美季とアップルパイ りぼん 1973年 9月号~12月号
山本優子作品リスト
デビュー当時の思い出
『青空おじさん』(週刊マーガレット、1967年 48号)~『美季とアップルパイ』(りぼん、1973年 9月号~1974年 6月号)

作品かいせつ:

「美季とアップルパイ」昭和48年りぼん9月号から、昭和49年りぼん6月号まで連載されたうち、昭和48年9月号から12月号までを収録。優子まんがの声価を決定した力作で、たくみに流行、時流をとりいれている。

  

美季とアップルパイ 後編
(RMC-61)

  • rmc_61_cover_s
  • rmc_61_spine_s
  • rmc_61_bcover_s



  

  • rmc_61_flap_02_s
  • rmc_61_flap_01_s



  

初版 1974年8月10日

収録作品初出:

美季とアップルパイ りぼん 1974年 1月号~6月号

作品かいせつ:

「美季とアップルパイ」昭和48年りぼん9月号から、昭和49年りぼん6月号まで連載されたうち、昭和49年1月号から6月号までを収録。歌手のふりつけや特別図解をいれて、独特のおもしろさをつくりあげた作品。

  


山本優子先生の代表作。可愛らしい絵柄からの下ネタギャグの連続です。りぼんなのに…
よく「りぼんなのによく連載出来たで賞」として「岡田あーみん」作品が挙げられますが、その10年も前にこんな漫画があったのです。

水沢美季は乙女座うまれの中学2年生よ

と王道的序盤を見せるも、

私 すきなの
アップルパイ!
どうしてこんなに
おいしいの
だからいつでも
パイのパイの
ポイ!!

と流れが変わり、やっぱり踊り(図説講座付き)が始まる…

最初はハンサムな転校生・城秀樹くんによる「情熱の嵐」です。
本作前後編収録の「優子のふりつけ講座」は以下の通り。

西城秀樹「情熱の嵐」(1973年5月)
金井克子「他人の関係」(1973年3月)
野口五郎「君が美しすぎて」(1973年7月)
麻丘めぐみ「わたしの彼は左きき」(1973年7月)
西城秀樹「ちぎれた愛」(1973年9月)
フィンガー5「個人授業」(1973年8月)
アグネス・チャン「小さな恋の物語」(1973年10月)
西城秀樹「愛の十字架」(1973年12月)
フィンガー5「恋のダイヤル6700」(1973年12月)
西城秀樹「薔薇の鎖」(1974年2月)

なにゆえトイレットペーパーはねあがった!!」「あっ紙のかいしめ!」「洗剤はいつになったら店にでますか」と当時ならではのセリフもあちこちにあります。

とん平さんおしてくださる?」「おしていいんですか小巻さん」は1973年の象印エアーポットのCMからのネタらしい。
(参考:1973 象印 エアーポット押すだけ 【栗原小巻】 ( コマーシャル ) – 昭和アイドルTVCFあ~かい部 – Yahoo!ブログ)

当時の流行を反映してか、美季は星占いが趣味で、作品中ではファンレターを送った読者の運勢も占います。
ふりつけ講座についてもリクエストの曲を採用するなど、作者と読者の交流が盛んだったようです。

定番の特別図解も健在です。
下ネタギャグについては、プカプカうんちくんが現在でも通じるシュールさで笑ってしまいます。
ポロリ(乳首全国中継)もあるよ。

ラストではシャール君(ハンサム)があられもない姿に…?

広告
TOPページ
蒐集匣蒐集匣(少女漫画データ、GAMEPACK、萌えアイコンソフト)
鉄道コム鉄道コム
広告
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。