26 9月

reces Ver.0.00r33公開

コマンドプロンプト上で「再圧縮」「圧縮」「解凍」「内容一覧表示」「書庫検査」「書庫内ファイル削除」「リネーム」を行うreces Ver.0.00r33を公開しました。

○Ver.0.00r33 – 2017/09/26
・7-Zipの仕様変更(‘–‘以降のリストファイル指定を処理しない)に対応。
・複数の再圧縮処理時にエラー書庫も削除してしまう不具合を修正。(Special Thanks!:通りすがりの人様)
・一部のTotal Commander Plugin(*.wcx)を用いた解凍処理で強制終了してしまう不具合を修正。(Special Thanks!:通りすがりの人様)
・複数ファイルの処理でエラーが発生した際、処理を中断し、続行か終了を選択出来る「/qe」オプションを追加。(Special Thanks!:kiyohiro様)
・名前に”%n”を含むファイルを処理する際に強制終了してしまう不具合を修正。(Special Thanks!:kiyohiro様)
・「lzhsfx」でLZH自己解凍書庫の作成ができない不具合を修正。(Special Thanks!:kiyohiro様)
・テスト実行する「/T」を実装。現在は「/mn」のみの対応で、リネーム処理前後のファイル名を表示します。
・7-zip32.dll/7-zip64.dll文字化け対策版 Ver.17.01.00.01 betaに更新。

やっと正式版の公開です。
「/T」でファイルのリネーム結果の確認が出来るようになりました。これで正規表現も怖くありません。

28 5月

reces Ver.0.00r33a公開

reces Ver.0.00r33aを公開しました。

○Ver.0.00r33a – 2017/05/28
・7-Zipの仕様変更(‘–‘以降のリストファイル指定を処理しない)に対応。
・複数の再圧縮処理時にエラー書庫も削除してしまう不具合を修正。(Special Thanks!:通りすがりの人様)
・一部のTotal Commander Plugin(*.wcx)を用いた解凍処理で強制終了してしまう不具合を修正。(Special Thanks!:通りすがりの人様)
・複数ファイルの処理でエラーが発生した際、処理を中断し、続行か終了を選択出来る「/qe」オプションを追加。(Special Thanks!:kiyohiro様)

7-Zip Ver.17.00 betaでの仕様変更により、’–‘の後の’@list’をリストファイルとして見てくれなくなりました。
7-zip32.dll/7-zip64.dll文字化け対策版 Ver17.00.00.01を使用する場合、必ずrecesをVer.0.00r33a以降にバージョンアップしてください。

19 5月

reces Ver.0.00r32公開

コマンドプロンプト上で「再圧縮」「圧縮」「解凍」「内容一覧表示」「書庫検査」「書庫内ファイル削除」「リネーム」を行うreces Ver.0.00r32を公開しました。

○Ver.0.00r32 – 2016/05/19
・圧縮対象がディレクトリであればディレクトリ名を考慮せずに拡張子を付加するように。(Special Thanks!:kiyohiro様)
・「/nl」を付加してb2e32.dllを呼び出すと強制終了してしまう不具合を修正。
・正規表現を用いるとパターンによってはフリーズしてしまう不具合を修正。
・正規表現ライブラリをSRELLからVC++のregexに変更。
・「/mn」「/mN」後の置換条件を省略すると、処理前に入力を求めるように。
・7-zip32.dll/7-zip64.dll文字化け対策版 Ver.16.00.00.01 betaに更新。

7zやzip書庫内のファイル名のリネームがしやすくなりました。
/mnや/mN直後の置換条件を省略すると、処理前に入力を求めます。
引数で渡す時のようなエスケープは不要ですので、正規表現を用いたリネームの際は是非。

reces000r32ss

reces000r32ss_regex_rename02

(160520)7-zip32.dll/7-zip64.dll文字化け対策版 Ver.16.01.00.01 betaに更新したバージョンに差し替えました。
reces本体に変更はありません。

(160523)7-zip32.dll/7-zip64.dll文字化け対策版 Ver.16.02.00.01 betaに更新したバージョンに差し替えました。
reces本体に変更はありません。

5 2月

reces Ver.0.00r32a公開

reces Ver.0.00r32aを公開しました。

○Ver.0.00r32a – 2016/02/05
・圧縮対象がディレクトリであればディレクトリ名を考慮せずに拡張子を付加するように。(Special Thanks!:kiyohiro様)

ディレクトリ「aaa.zip」が存在する状態で、
「reces /mc aaa.zip」
とすると圧縮できない不具合を修正しました。
「aaa.zip.zip」が作成されるはずです。

23 1月

reces Ver.0.00r31公開

コマンドプロンプト上で「再圧縮」「圧縮」「解凍」「内容一覧表示」「書庫検査」「書庫内ファイル削除」「リネーム」を行うreces Ver.0.00r31を公開しました。

○Ver.0.00r31 – 2016/01/23
・標準入力(パスワード入力、コマンド入力、リダイレクト)で日本語が使用できない不具合を修正。(Special Thanks!:kiyohiro様)
・Ctrl+Cを押下してもプロセスが終了しない不具合を修正。
・パスワード入力時にEnterのみの押下で処理がキャンセルできない不具合を修正。
・書庫内ファイルをリネームする「/mn」、その際に正規表現を用いる「/mN」を実装。
・引数分析で複数指定された文字列をソートしないように。
・gui4recesでログウインドウを表示すると正しくパスワードが入力できない不具合を修正。
・7-zip32.dll/7-zip64.dll文字化け対策版 Ver.15.14.00.01 betaに更新。

  
7-zip32.dllによる、7zとzip書庫のリネームに対応しました。

Compress JPEG Images Onlineはリサイズした画像をまとめてzipでダウンロードできるものの、ファイル名に「-min」が付加されてしまいます。
compressjpeg
今バージョンで実装されたリネームオプション「/mn」を用い、以下のようにしてやれば、文字列「-min」をファイル名から取り除くことができます。

reces /mn-min compressjpeg.zip

compressjpeg_rename

reces000r31ss

広告